【経験人数男性編】平均や初セックスの年齢は?中学生〜高校生さらに社会人まで徹底解説!

男性の初体験の年齢とセックスの経験人数平均

『経験人数の平均が知りたい!』

『中学生、高校生や年齢別の経験人数が知りたい』

男性の経験人数って永遠のテーマなんじゃないかと思います。

人より経験人数が少ないのってやはり気になります。大人になった今でも男だけで飲んだ時は経験人数や誰とやったとか話題になりがち。

本記事ではみんがが気になる男性の経験人数についてデータとともにお話していきたいと思います。

女性とのセックスの経験が多いと自分に自信がつき、さらにモテへと繋がります。せめて自信とつけるために平均程度のセックスの経験はしておきたいところ。

でも経験人数の平均って一体何人くらいなのでしょうか?

今回はみんなが気になる経験人数の平均についてデータとともに話していきます。
イケハラ
イケハラ
モブ山@非モテ男子
モブ山@非モテ男子
これは興味深い(俺童貞。。。)

結論から言ってしまうと初体験の年齢や経験人数は20代前半くらいまではそこまで気にする必要がありません。

どうしても好きな人とセックスしたいならマッチングアプリで出会いを作ればいいし、ただ単に経験人数は増やしたいならオフパコできる出会い系を使えば簡単に出会いを作ることができます。

その他の軽々ん人数の増やし方は以下の記事でも紹介しています。

それでは本題へいきましょう!

男性の初体験がわかる!一生涯童貞も実は〇〇%存在

経験人数の平均

中学生頃からセックスを経験する人たちが増え始め、高校生、大学生と年齢を重ねるにつれてセックスを経験する人の数も増えていきます。

中高生の場合はそこまで多くないので気になりませんが大学生、社会人になってもセックスを経験していないと不安になるのではないでしょうか?sagamiというコンドームのメーカーさんが出しているデータとともにみていきましょう。

サガミのデータでわかるセックスの経験年齢

コンドームメーカーのsagamiさんのデータになりますが、以下のようなアンケートデータがあります。

年齢別経験人数

出典:SAGAMI

上記のデータは年代別に『セックスを経験したことがあるか?』というアンケート結果です。あたりまえなのですが、年齢を重ねる毎にセックスを経験している人は増えて行きます。

中学生や高校生でも初体験を経験している人は少なからず存在する

先程のグラフに中学生・高校生のデータは含まれていませんが日本性教育協会によると

・男子中学生・・・3.7%
・女子中学生・・・4.5%
・男子高校生・・・13.6%
・女高校生・・・19.3%
・男子大学生・・・47.0%
・女子大学生・・・36.7%

というデータ(2017年)があります。

学生のデータだけなのでsagamiのデータと少し変わりますがかなり参考になるのではと思います。

20代でセックスの経験がある男性は約60%

グラフから20代でセックスの経験がある男性は60%というのがわかります。20代で経験がある人なので10代でセックスをした人も含まれるので注意です。

10代〜20代のうちに多くの人が初体験をしていくのです。しかし、30代までに経験したことがない人も10%程度いるので40代突入時に10人に一人は童貞ということになります。

このデータを見る限り、20代前半で童貞は気にしない。20代後半は危機感を!30代童貞はやばい雰囲気。40代は絶望的。

こんな感じにはなるかとおもます。

一生セックスのできない生涯童貞の男性はは0.5%以下

60代の男性が童貞だった場合は今後彼女を作ってセックスできることは風俗など行かない限り難しいでしょう。

そもそも60代でセックスに悩んでいるならもっと早い段階でお店などを使いセックスしている可能性が高いでしょうし、一生童貞の可能性は高い。

このことから一生セックスを経験せずに生涯を終えてしまう人は200人に1人以下なのでやらはたを迎えてしまった20代男子もそこまで気にする必要はないでしょう。

 

基本的に女性の方がセックスの経験する年齢は早い

セックスを経験したことのある年齢って男性よりも女性の方が若い。というのもやはり女子の方が体が成熟するのは早いという理由が挙げられます(生理が来るのが早い)

同年代の場合は女性の方が精神年齢が高く、付き合うのは年上が多いですよね?それが男性よりも初体験の年齢が若いという理由でしょう。

上でご紹介したデータでわかることはsagamiが調査した初体験のデータなので20代のうちにに1人以上とセックスを経験した男子は59.4%以上ということがわかります。

 

男性の経験人数の平均はどうか?

経験人数は嘘

解説してきたデータから

・男子高校生・・・13.6%
・男子大学生・・・47.0%

がわかりました。

注目は高校生から大学生になると爆発的にセックス経験をしたことがある男性はふえることになります。多くの人は大学生のうちに避1人以上の女性と性交渉の経験をするということがわかりますね。

じゃあ経験人数はどうなのか?これが一番きになる部分でしょう。

実はちまたで見る『平均』という言葉には意外な事実があるのです。

 

男子必見!データでわかる経験人数とその真実

経験人数平均

出典:SAGAMI

コンドームメーカーサガミさんのデータによる経験人数の数になります。男性の20代の経験人数をみてみましょう。

20代の平均の経験人数をみてみたらわかると思いますがちょっと多くないですか?これを見ているあなたはの年齢のところをみてみてください。

正直多くないですか?実はこれは平均のカラクリがあります。

実は経験人数の平均にはカラクリがある

実は世の中の『平均』という言葉には罠があります。

サラリーマンの年収の平均を考えてみてください。サラリーマンの平均年収って約420万と言われています。。でも平均って一番多いゾーンてことはなくて、実際に年収分布で多い層は約360万となります。

平均って一番多い層ではなく、あくまで均した場合の値なのであまり参考になりません。これは敬虔人数の平均にも当てはまります。

具体的に考えてみましょう。

非モテ・・・経験人数0
普通の20代・・・経験人数3人
商社モテ男・・・経験人数10人
ホスト無双・・・経験人数100人

これの経験人数の平均って(0+3+10+100)÷4=38

この4人の経験人数の平均って38人となります。経験人数100人以上なんて世の中にいるのか?って思う方もいるかと思います。

実際に100人切りできる人はどんな人なのか解説します。

 

100人切できる男性の特徴はストナン・ネトナン・ホストが多い

じゃあどんな人が100人切りできるのか?実際にツイッターやSNSなどで情報収集してみると、

・ホスト
・ストリートナンパ師
・ネットナンパ師

が多い。

【ネットナンパ師】

ネットナンパ師とはSNS,出会い系やマッチングアプリを使い、出会いを量産し女の子とセックスしまくる人たちのことを言います。

SNSや出会いアプリを使うので効率よく女の子を探すことができます。ただ会うまではアプリを使用すれば可能ですが、会ってからセックスに持ち込むまでの技術は必要なのでノウハウや慣れが必要。

 

ツイッター上のネットナンパ師

出典:ツイッター

彼らは女の子を落とすテクニックを徹底的に磨き上げ、経験人数を増やして行くのです。ネトナンはそのテクニックを販売して収益を上げるビジネスモデルを作る人もいます。

 

【ストリートナンパ師】

ストリートナンパ師とはストナンと呼ばれ、その名の通り道端で女の子に声をかけ仲良くなりセックスまで持ち込む人たち。

道端で女の子に声をかけ口説き落とす技術があるのはもちろん、女の子に無視されても負けない鋼の心を持っています。

 

【ホスト】

ホストもイケメン率やトーク技術が高く、基本的にモテるのでお店に来た女の子だけでなくナンパしたりする技術も高い。

上記の人達以外でも元からイケメンだったり先天的なモテ技術をもちさらに性欲が爆発的に強い弾性は経験人数が多いでしょう。

彼らのような恋愛強者が経験人数の平均を上げているのです。また女性の経験人数の平均をみてもらえればわかると思いますが、年齢が上がると数が減ります。普通は年齢が上がれば経験人数が増えるのは普通。

 

経験人数は男性は多く申告し、女性は少なく申告するのであてにならない

話は戻りますが男性の平均人数からわかることは、男性は多く申告して、女性は少なく申告するとうことと。

男性はイキって童貞でも経験して事あると言いがちですし、女性はビッチだと思われたくないで少なく申告するのは少し考えてみるとわかるでしょう。

なのでどんなアンケートをとったとしても正確な情報は取ることはできないのです。そしてそこまで経験人数の平均などは気にする必要はない理由もあります。

 

平均人数はそこまで気にする必要はない理由

おそらくこの記事にたどり着いた人は普通どのくらい経験人数はどのくらいなのか?みんな初体験はいつなのか?それが気になりこの記事にたどり着いたことでしょう。

でも初体験の年齢やセックスの経験人数を気にするのはそこまで重要ではありません。というのも以下の理由があります。

経験人数が平均よりも多いからセックスが上手いとは限らない

経験人数が多い=セックスが上手い

は成り立ちません。

20代後半や30代で経験人数が1人とかだと一途すぎるか恋愛不適合者と思われる可能性もあるので経験を増やす必要があります。

彼女を固定化すれば週に2〜3回セックスすることもでき、相手の気持ちいい部分などの見つけ徐々に開発する力が付きます。

ワンナイトで終わると相手を大切にしないためあなたの技術が身につきません。ただし固定彼女でも常に相手の反応を見ながらセックスをしないとテクニックは向上しません。

セックステクは経験人数ではなく考える力の方が大切。

 

経験人数が平均より多いと女性は引く場合もある

周りの友人に聞いて同じくらいか、それより少しすくない程度なら気にする必要はないでしょう。そもそも女性からすれば経験人数が多い男性に引く場合もあります。

あなたが経験人数100人の女の子そ友人に紹介してもらえると聞いたらどんな相手を想像しますか?

彼女にしたいと思いますか?

つまりそういうことです。

別に無理に経験人数を増やす必要はないですし、明らかに多い場合は少なく申告すればいいだけの話。

また、自分の経験人数が多いことをイキってアピールするのは気持ち悪いので男性間だけの話しにとどめておくことをおすすめします。

それでも経験人数にこだわりひたすら増やしたいなら下記の方法がおすすめです。

 

経験人数を爆発的に増やし平均以上にする方法

じゃあ経験人数を増やし平均よりも上にいきたいあなたへ経験人数を増やす方法を解説していきます。マジメな方法からセフレを作る方法まであらゆる方法を紹介していきます。

ここでは簡単に経験人数の増やし方を紹介していますが、『経験人数を爆発的に増やす方法』という記事で具体的な方法を解説していきます。

 

クラブでナンパしまくる

クラブに行ったことがない男性は一度クラブに行ってみるといいでしょう。行くべきはダンスや音楽目的で人が集まっているクラブではなく、お酒とナンパ目的で人がきているクラブに行くことをおすすめします。

・ナンパ待ち女子も多く声掛けしやすい
・おごったりすると意外とお金がかかる場合も
・自分の顔面レベルが高いくないと難しい

財力にものを言わせてVIPルームを借りるのもいいですし、テキーラを女性におごりつつナンパしまくるのもいいでしょう。

多くはワンナイト目的になりますが、あなたがナンパできるほどのイケメンかつ勇気があるなら迷わずクラブにいきましょう。

相席屋で出会い人を狙い撃ち

相席屋もお金は多少かかりますが、出会いたい人が多く集まるために重宝します。各地方としてでも相席系の居酒屋は数多くあるので楽に出会いを作ることができます。

・一つの場所でたくさんの女の子に出会える
・比較的年齢層が若い
・一人でも入れる相席居酒屋もある
・コストはかかる

ただしワンナイトするにはモテるための技術が必要になってくるのでそれなりの恋愛テクは必須。またタダ飲み女子も一定数いるため遭遇した場合は相手を変えてもらいましょう。

 

出会い系アプリで経験人数を増やす

経験人数を増やすには相手と出会う数を増やすことが最重要課題。出会い系アプリを使い出会いの数を圧倒的に増せるのは出会い系アプリ

・自宅に居ながら相手を探せる
・遊び目的、セフレ目的で使っている女子も一定数いる
・たまに業者もいる
・多くのアプリで初回1200円分のポイントがもらえる

最近ではスマホやSNSでの出会いが多くなっているので出会い系アプリを使うのもおすすめ。スマホさえあれば相手を探すことができるのがメリット。

有名なアプリはハッピーメールでアダルト掲示板もあり、かなり昔からる老舗の信頼あるアプリです。

\無料で登録【1分】/

 

マジメに出会いを育みたいならマッチングアプリ

マジメな恋愛をしたいなら出会い系アプリではなくマッチングアプリをおすすめします。出会い系は遊び目的で使うのがメインなのに比べて、マッチングアプリは真剣な彼女作りの出会いを作ることができます。

経験人数を増やしたいよりは彼女をみつけて、一人だけ相手を探せればいい!という方はマッチングアプリをおすすめしています。

日本で一番人気なのはペアーズ。登録者数は1000万人超えでマッチングアプリ初心者はペアーズを使っておけば間違いないでしょう。

\ペアーズに無料登録/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA