フェチの種類を25個紹介!エロからまともなフェチまで徹底網羅!

当サイトは一部RPを含む場合があります。
フェチの種類

フェチには、アダルトなことを含めてさまざまな種類があります。

部位が好きな子もいれば、仕草が好きな子もいます。

今回は、どのようなフェチがあるのか、通常のものからアダルトのものまで紹介します。

イケハラ
イケハラ
フェチについて知りたい人は、参考にしてね!

フェチの概要と性癖との違い

フェチと性癖の違い

フェチの話と合わせてされることが多いのが、性癖についてです。

フェチと性癖は、同じ意味でつかわれることが多いですがやや異なります。

違いを説明すると、以下のとおりです。

フェチと性癖の違い
  • フェチ:体の部位やモノなどに強いこだわりがある状態
  • 性癖:性格に基づく癖のことを指す

フェチは、部位やしぐさ、モノに関して興奮することを指します。

そのなかでも、とくに強いこだわりがある場合に使われることが多いです。

例えば、彼女やセフレを選ぶ際、お尻やおっぱいに強いこだわりがあるなら、それはお尻フェチやおっぱいフェチになります。

性癖は、「性的な癖」ではなく「性格の癖」です。

わかりやすいのが、ドS・ドMなどですね。

いずれも性格に起因しているものであり、いじめるのが好きな人はドS、いじめられるのが好きな人はドMです。

ドSな人が、「悶えている女性の姿が好き」となると、フェチになります。

幅広くとらえられる性癖と、特定のことが好きなフェチと分けられることになります。

フェチの種類を徹底解説【身体編】

フェチの種類

フェチにはそれぞれ種類があります。

今回のパートで紹介する身体に関するフェチもあれば、しぐさや行動に関するフェチ(声やにおいなど)もありますし、性癖が起因するフェチもあります。

身体のフェチには種類があり、性癖などは関係なく、純粋に部位が好きな人が多い印象です。

身体に関するフェチ一覧
  • 手フェチ・腕フェチ
  • 脚フェチ
  • おなかフェチ
  • 耳フェチ
  • 背中フェチ
  • 筋肉フェチ
  • 鼻フェチ

そのほかにも、さまざまなフェチがあります。

それぞれまとめたので、どのようなフェチがあるのか知りたい人は参考にしてください。

手フェチ

手フェチは、その名のとおり手が好きな人のことを指します。

腕フェチとは違い、手のきれいさに興奮する人が多いようです。

具体的には、以下が挙げられます。

手フェチの特徴
  • 指先が細くてきれい
  • 手が長い
  • 手の形が好き

多くの女性が求めているフェチであり、人気があります。

手フェチの願望は、「手で触られたい」「あたまを撫でられたい」など、触れたい人が多い傾向です。

実際、アプリなどで知り合った女性にフェチを聞くと、手フェチだと答える人も少なくありません。

また、男性の手に惹かれることが多い人の多くは、甘えたい人が多いです。

誰かに頼られたいというよりは、頼りたい人のほうが多いため、甘えた女子が好きな人におすすめのタイプです。

脚フェチ

脚フェチは、男性に多い傾向があります。

脚線美が好きな人が脚フェチに該当し、きれいな脚が好きな人=脚フェチととらえてよいでしょう。

また、手フェチ同様に脚フェチも幅広く、様々な好きがあります。

脚フェチの好きについて
  • 脚線美を見るのが好き
  • タイツを履いている脚が好き
  • 足コキが好き

一番は、脚線美の好きですね。

単に、きれいな脚が好きな人のことです。

足が細くてスラっとしている人や、足が長い人のことを指します。

タイツを履いている足に関しては、タイツフェチにもなりますが、多くの場合脚フェチから派生したものです。

タイツそのものにフェチは感じず、履いている脚(脚線美)にフェチを感じるわけです。

また、脚フェチの多くは足コキが好きな人が多いことも特徴の一つ。

手フェチに比べると、脚フェチの人のほうがマニアックです。

腕フェチ

腕フェチは、手フェチとは少し異なります。

手が好きな人に対し、腕に対してフェチを感じる人のことです。

感覚でいうと、脚フェチに近いですね。

男性の場合は腕が細くてきれいな人にフェチを感じたり、女性は逆に腕が太い人に対してフェチを感じます。

そのほかにも、腕フェチの人は以下に魅力を感じるようです。

腕フェチが魅力を感じる瞬間・場所
  • 白い肌が好き
  • 腕にあるホクロが好き
  • 浮き出ている血管が好き

肌の白さや、ホクロなどがポイントの一つです。

また、腕フェチから派生して、血管フェチの人も少なくありません。

力を入れていない腕から浮き出る血管が、好きな人のことです。

脚フェチ同様に、マニアックなフェチとして扱われます。

お腹フェチ

男女問わず、おなかにフェチを感じる人は多いようです。

おなかフェチには種類があり、大きく分けると2つになります。

おなかフェチについて
  • 太っているおなかが好き
  • 引き締まっているおなかが好き

ぽっちゃり女子や男子が好きな人は、丸いおなかが好きな人が多いようです。

一方で、引き締まっているおなかが好きな人もいて、派生すると腹筋フェチになります。

案外、「女性で腹筋が割れている人が好き」という男性も多く、イレギュラーな見た目に興奮や魅力を感じることもあるようです。

最近は、自宅で簡単に筋トレができることから、筋肉質が好きな人も増えてきました。

丸いおなかよりも、筋肉がついているおなかが求められるので、トレーニングが好きな人は有利ですね。

耳フェチ

耳フェチは、耳が好きというよりは、耳に対してされることが好きな人が多い印象です。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

耳フェチの特徴
  • 耳かきされるのが好き
  • 耳を舐められるのが好き
  • ささやかれるのが好き

行為を例にするなら、耳かきが好きな人や耳舐めが好きな人が、耳フェチです。

昔に比べると、耳かき系のサロンも増えましたし、需要が高まっていることがわかります。

また、耳元でささやかれるのが好きな人も、広いくくりでいえば耳フェチです。

ASMR系の動画や音声が好きな人は、声フェチ兼耳フェチと言えるでしょう。

単に耳の大きさや形が好きな、視覚的耳フェチの人もいます。

脚や腕などと同様に、マニアックなフェチです。

胸フェチ

胸フェチも、男女問わずあるフェチです。

しかし、比率でいうと男性のほうが多いですね。

まず、男性の胸フェチは、おっぱいが好きな人のことを指します。

大きさ問わず、単に胸が好きな人のことを指すので、貧乳・巨乳問わずおっぱいで異性を選んでいるような人です。

一方、女性の胸フェチは、胸筋フェチが多いイメージがあります。

トレーニングで鍛えていて、胸板が厚い人ほど惹かれるフェチです。

そのような男性に、「抱かれたい」「抱きつきたい」など、イメージを抱く人も少なくありません。

また、男性の場合は、柔らかさや形を重視する人もいるようです。

おっぱいにはいろいろな形がありますし、フェチの人にはその人なりの好きな形があるわけです。

お尻フェチ

お尻フェチは、おもに男性に多いイメージがあります。

その名の通り、お尻が好きな人のことを指し、さまざまなスキがあります。

お尻フェチの好きについて
  • 大きいお尻が好き
  • ハリがあるお尻が好き
  • 引き締まっているお尻が好き

お尻フェチの人の多くは、ムチっとしているお尻が好きな人が多いです。

大きなお尻でもあり、なおかつハリがあるお尻ですね。

胸フェチと天秤にかけられることがありますが、永遠の議題でもあります。

実際、筆者は以前までは胸フェチでしたが、現在はお尻フェチになりました。

単純に、どっちにエロ差を感じるかですね。

個人的に言えるのは、お尻フェチの人は、女性の全体を見ています。

部位だけではなく、総合的に見て「お尻ってエロい」と思っている人が多いです。

また、女性にもお尻フェチはいます。

引き締まっているお尻が好きな人は、野球選手や陸上選手を見てよく興奮しているそうです。

ほくろフェチ

ほくろフェチは、男女共通です。

しかし、ホクロがあるからいいというわけではなく、セクシーな場所にあるかどうかが判断基準になります。

ホクロフェチの人に数名話を聞くと、以下のような場所にホクロがあるとエロスを感じるようです。

エロスを感じるホクロの場所
  • 口元にあるほくろ
  • 目元にあるほくろ(涙ボクロ)
  • 鎖骨にあるほくろ
  • 首筋にあるほくろ

腕や足よりも、特定の場所にあるホクロが対象です。

確かに、口元や鎖骨にホクロがあると、エロいと感じてしまいます。

ほくろに何も感じない人からすると意味ない話ですが、ホクロフェチの人は共感してくれると思います。

背中フェチ

こちらも、男女問わずいるフェチです。

女性の場合は、広い背中が好きな人が多く、抱き着きたいという願望や、頼りたいという願望の元でフェチが成り立っています。

男性は、きれいな背中や色白な背中のフェチが多いです。

エロさでいうと、自分好みの背中の女性がいると、それだけで興奮するような、少し変態チックなフェチです。

そのため、以下のように分類されます。

背中フェチについて
  • 女性の場合:恋愛感情に近い
  • 男性の場合:性的な目的に近い

男女の違いは、恋愛感情があるかどうかです。

性的な目線で見ている男性と、恋愛感情で見ている女性の違いです。

血管フェチ

血管フェチは、女性に多いフェチです。

その名のとおり、血管に魅力を感じるフェチで、おもに腕や手が対象です。

手フェチや腕フェチにも関係しますが、手を見たときに、血管が浮き出ているのが好きという人も少なくありません。

手フェチの人はとくに、血管フェチとセットといってもよいです。

男性でも血管フェチの人はいますが、女性とやや部位が異なります。

男性に多い血管フェチの部位
  • おなか
  • 首筋

もちろん、女性同様に腕や手の血管が好きな人もいます。

しかし、男性で血管フェチの人は、女性よりもマニアックなことが多いため、部位も併せてマニアックです。

ほかのフェチが好きな人に比べると、変態な人が多いのも、血管フェチの特徴です。

筋肉フェチ

自宅でのトレーニングがブームになりつつあり、筋トレが趣味な人も増えています。

また、男性の筋肉が好きな筋肉フェチな女性も多いです。

筋肉フェチにも度合いがあり、バッキバキに体を絞っている人が好きなこともあれば、細マッチョレベルの筋肉が好きな人もいます。

多くの場合前者で、筋肉フェチの人は、筋肉がついていればついているだけよいという人が多いです。

筋肉フェチは、女性だけではありません。

男性でも筋肉が好きな人は多く、鍛えている女性が好きな人もいます。

おなかフェチでも触れましたが、女性で腹筋が割れているのが好きというフェチの人もいますからね。

筋肉フェチの人は、筋肉量もそうですが、体を鍛えていて絞っている人を好きな傾向があります。

鼻フェチ

鼻フェチの人は、おもに鼻が好きな人のことです。

形や大きさなどさまざまで、人によってタイプが異なります。

ただ、鼻フェチの多くが、整っている鼻が好きという共通点があります。

それぞれ具体例を挙げると、以下のとおりです。

鼻フェチが好きな人の形
  • 鷲鼻:ワシのくちばしのような鼻
  • 彫刻鼻:西洋の彫刻のような鼻
  • ローマ鼻:鼻筋がはっきりしている鼻
  • 団子鼻:団子のように丸い鼻

あくまでも一例で、そのほかにも鼻の形はあります。

しかし、一般的に上記の範囲で好きになる人が多いです。

顔のパーツのなかで、鼻は非常に重要な位置づけにあり、鼻次第で出会いを左右することも普通にあります。

鼻フェチの人は、異性を選ぶ基準に鼻があるので、外見重視な人が多いです。

 

うなじフェチ

髪の毛が好きな髪の毛フェチの人もいますが、ややマニアックなうなじフェチの人もいます。

その多くが男性で、女性が髪の毛を上げたときのうなじが好きな人です。

普通のフェチに比べるとだいぶなマニアックなので、うなじフェチの人は変態が多いです。

また、うなじフェチの人は、以下のような人が多い印象があります。

うなじフェチの印象
  • 浴衣が好き
  • スラっとしている女性が好き
  • 髪型そのものが好き

「うなじが好き!」というよりは、ほかのフェチの延長にうなじフェチがあるようなイメージです。

たとえば、浴衣を着ている女性が好きな人が髪を上げていて、そのうなじを見るのが好き…みたいな。

あるいは、ポニーテールが好きで、そのなかでもとくにうなじを見てしまうみたいなイメージです。

補足:体毛フェチもいる

うなじフェチの延長で、体毛フェチの人も案外多いです。

これは、男女両方にいて、生えている体毛に興奮する人のことを指します。

体毛フェチにも種類があり、以下のよう分類されます。

体毛フェチの種類
  • ヒゲフェチ
  • 腹毛フェチ
  • 腋毛フェチ
  • 陰毛フェチ

女性に多いのが、ヒゲフェチですね。

ダンディな男性が好きな人の多くが、ヒゲフェチを持っています。

濃いヒゲが好きな人から、生えかけのヒゲが好きな人までさまざまです。

男性の場合、あまり処理されていない体毛を好む傾向にあります。

腋毛や陰毛の処理が甘い人が好きなど、ややマニアックなことが多いです。

仕草や行動に関するフェチ一覧

身体だけではなく、しぐさや行動にもフェチがあります。

ほかのフェチに比べると、若干マニアックです。

具体例を挙げると、以下のとおり。

しぐさや行動に関するフェチ
  • 声フェチ
  • 匂いフェチ
  • タバコフェチ
  • マスクフェチ
  • スーツフェチ
  • メガネフェチ

声やにおいに関しては、聞きなじみがある人も多いと思います。

そのほかも、一部の人には刺さるようなフェチです。

身体的なフェチ以外にも、どのようなフェチがあるのか気になる人は、それぞれ参考にしてください。

声フェチ

感染症が流行して、インターネットにASMR系の動画が増えるようになりました。

在宅でも楽しめるエンタメとして、確立したといっても過言ではありません。

その影響から、声フェチになる人も増えています。

男女問わず声フェチは存在し、声が好きな人のことを指します。

声フェチの人は、それぞれに違う価値観を持っていることも一つの特徴です。

女性の場合、低い男性の声が好きな人もいれば、少年のような声が好きな人もいます。

男性は、お姉さんのような声が好きな人もいれば、アニメ声優のような声が好きな人もいます。

前述した耳フェチにも関係しており、好きな声で囁かれたいという人も少なくありません。

また、声フェチにはもれなく変態が多いという特長もあります。

匂いフェチ

匂いフェチは、においが好きな人のことです。

匂いにも種類があり、いい匂いからくさい匂いが好きな人もいます。

ただ、これまで出会ってきた匂いフェチの人を例に挙げると、以下のような人が多い印象でした。

匂いフェチの人の特徴
  • 自分の好きな匂いがある
  • 嗅覚が人よりも敏感
  • くさい匂いが好きな人も多い

ほかの人からしたらいやな匂いでも、匂いフェチの人からすると、好きな匂いだったというケースはよくあります。

また、匂いフェチの多くは、くさい匂いも好きだったりします。

それも、結構マニアックな「汗のにおい」「下着の蒸れたにおい」など、変態チックな匂いです。

声フェチ同様に、変態な人が多いフェチです。

タバコフェチ

タバコを吸っている人が好きな、タバコフェチもあります。

これは男女問わずあるフェチであり、さまざまな特徴があります。

タバコフェチの特徴
  • タバコを吸っている姿が好き
  • タバコのにおいが好き

女性のタバコフェチは、どちらかというとワイルド系が好きな人ですね。

前述したヒゲフェチな人は、タバコフェチということも多いです。

また、自分は喫煙者ではないことが多く、見た目や行動にあこがれる傾向にあります。

男性の場合は、タバコを吸っている人のギャップにあります。

普段タバコを吸っていなさそうな子が、吸っていた時にフェチを感じるケースですね。

あるいは、クール系女子がタバコを吸っていると、ギャップを感じることが多いようです。

マスクフェチ

感染症が流行して、マスクをする人が増えました。

現在では規制も落ち着いて、マスクをすることは任意です。

この影響から、マスクをしている人が好きなマスクフェチが増えたことも事実です。

男性に多い傾向にあり、日常的にマスクをしている人にフェチを感じます。

また、マスクフェチの男性の多くは、地雷系ファッションを好む印象です。

組み合わせとしては、以下のとおりです。

マスクフェチの特徴
  • 地雷系ファッション×顎マスク
  • 地雷系ファッション×黒マスク

このように、マスクをしている女性が好きというよりも、全体的な雰囲気が好きな人が多い傾向にあります

マスクはあくまでも興奮する材料の一つであり、普通の人がマスクを着用していても、なんとも思わない人がほとんどです。

スーツフェチ

女性に多いのが、スーツフェチです。

スーツを着ている男性が好きな人で、スーツを着用しているだけで、4~5割増しでかっこよく見えるという人もいます。

確かに、スーツを着ているだけでスタイリッシュに見えますし、かっこよく見えますからね。

また、スーツフェチの人は、あまりスーツが見慣れない環境にいる人が多いです。

スーツフェチの環境
  • 家で仕事をすることが多い
  • まだ仕事をしたことがない
  • 職場でスーツを着用しない
    (現場仕事、工場勤務など)

めったにスーツを着ない人が、着用して出勤してきたときなどに、強くフェチを感じる人もいます。

また、スーツフェチのなかでも、ネクタイにフェチを感じる人もいるようです。

ネクタイを締めている姿や、外しているしぐさにフェチを感じる人も少なくありません。

男性でもスーツフェチはいますが、「ピチピチのパンツスーツが好き」「スーツスカートが好き」など、変態チックなフェチが好きな人が多い印象です。

メガネフェチ

メガネフェチは、幅広い人から支持されています。

メガネをかけているのが好きな人を、総称してメガネフェチと呼びますが、それぞれ種類が分けられます。

メガネフェチの種類
  • メガネをかけている人なら全員OK
  • 普段着用しない人がメガネをしているのが好き
  • メガネを普段している人が外した時が好き

メガネをかけている人が好きなフェチもあれば、しぐさが好きな人もいます。

これまで筆者が知り合ってきた人の傾向を挙げると、しぐさにフェチを感じる人が多い印象です。

普段眼鏡をしていない人が、メガネをかけたときにフェチを感じるケースですね。

あるいは、普段メガネをつけている人が外した時にフェチを感じます。

性癖に関するフェチを紹介

性の関するフェチ

性癖に関するフェチは、男女問わず存在します。

なかでも、今回は男性にフォーカスを当てました。

性癖に関するフェチ
  • 熟女・人妻フェチ:熟女や人妻が好きな人のこと
  • パンチラ・パンツフェチ:パンツ全般が好きな人のこと
  • パイパンフェチ:パイパンじゃなきゃダメな人のこと
  • コスプレフェチ:コスプレ全般が好きな人のこと
  • 巨乳・爆乳女子:胸フェチのなかでも大きいのが好きな人のこと

それぞれ詳しく紹介しているので、気になる人は参考にしてください。

熟女・人妻フェチ

熟女や人妻が好きな性癖の人は、案外多いです。

AVのジャンルランキングを見ても、常に上位にランクインしています。

熟女や人妻が好きな人は、いうまでもなく変態です。

年上の女性が好きというものが根底にあり、そのなかでも自分よりも一回り以上年が離れている人を好きになる人です。

また、人妻に至っては既婚者なので、本来なら好きにならないタイプですからね…。

しかし、人妻にしかない魅力もあります。

人妻にしかない魅力
  • 背徳感がある
  • 普通の女性よりもエロく感じる
  • セックスに対して積極的

セックスをすることを前提で考えると、非常に背徳感があります。

バレると厄介なことになるものの、それ以上に背徳感が勝ちますからね。

それに、人妻や熟女は、性欲が強い人が多いです。

ネットで出会いを探している人妻や熟女は、パートナーとレスになっています。

そのため、口説けば即やれてしまうようなタイプです。

パンチラフェチ・パンツフェチ

パンチラフェチやパンツフェチも、マニアックなフェチです。

AVでも根強い人気を誇るフェチであり、VR作品を中心に、パンチラ系のものが多く存在します。

人によっては、「ただの布」という人もいますが、魅力を感じる人のほうが多いです。

まず、パンツは日常的に見れるようなものではなく、多くの女性が隠しています。

パンツに興味がない人でも、駅や町中で女性のパンツが見えたら、興奮する人も多いと思います。

パンチラ・パンツフェチの人は、そのなかでも特にパンツが好きな人のことです。

パイパンフェチ

男性のなかには、体毛が好きな人もいれば、すべての毛を処理していてほしいという人もいます。

パイパンフェチもその一つで、陰毛が処理されている人しか好きになれないという人も少なくありません。

また、パイパンフェチの人は、以下のような傾向があります。

パイパンフェチの人の特徴
  • ロリコン
  • 幼い顔の人が好き
  • ドS

パイパンフェチの多くはロリコンで、幼い人が好きです。

さらに、M気質よりもドSよりで、調教願望がある人もパイパンフェチに多いです。

AVのジャンルにも、「剃毛」というものがあり、女の子に陰毛をそらせるような映像も一部のフェチには人気があります。

単にパイパンが好きというよりも、パイパンになる過程が好きな人や、総合的な見た目(ロリ系・幼いなど)から、好きかどうかを判断しています。

 

コスプレフェチ

コスプレフェチは、コスプレが好きな人のことです。

ただ、コスプレといっても種類あります。

コスプレフェチの種類
  • コスプレ全般が好きな人
  • コスプレイヤーが好きな人
  • アニメのコスプレが好きな人

コスプレと聞くと、ナースや警察官のコスプレを想像する人も多いです。

コスプレフェチの人は、ホテルなどに行ったときに、毎回コスプレを着用させてプレイしている印象です。

また、コスプレフェチには、コスプレイヤーが好きな人もいます。

アニメや漫画のコスプレをしている人のことを指し、ナースコスなどとは異なります。

本格的なコスプレであるが故に、見て楽しむ人が多いです。

巨乳・爆乳フェチ

巨乳・爆乳フェチは、おっぱいフェチのなかでも、とくに大きいおっぱいが好きな人のことを指します。

こちらも、AVでは常に人気があるジャンルであり、貧乳フェチよりも圧倒的に多いです。

むしろ、女性のなかでは「男性=おっぱいが好き」というイメージが定着しています。

実際、小さいよりも大きい人のほうがいいですからね。

また、巨乳や爆乳が好きな人には、以下のようなタイプが多いです。

巨乳・爆乳フェチの特徴
  • 女性に対して甘えたい
  • パイズリしてほしい
  • 年上が好き

パイパンフェチの人とは異なり、おっぱいが好きな人にはドMが多いです。

女性に対して甘えたい願望があり、大きなおっぱいでパイズリされたい人ですね。

また、案外多いのが年上が好きということ。

そのため、AVのジャンルでは、巨乳の人妻や爆乳の熟女などは人気があります。

フェチに関する気になる質問一覧

フェチに関して気になる質問をまとめました。
(具体的には以下のとおり)

フェチに関する質問
  • 男の人は何フェチが多い?
  • フェチを感じる瞬間は?

男性のフェチは、女性に比べると性格や性癖から起因していることが多いです。

腕や脚が好きなこともそうですが、前提には性癖があります。

「キレイな脚が好き」という人でも、「その脚に○○なことがされたい」「○○なことがしたい」みたいな。

これらの疑問を解決しているので、気になる人は参考にしてください。

男の人は何フェチが多い?

男性にはさまざまなフェチがありますが、何フェチが多いのかわかりませんよね。

アダルトなものに限りますが、FANZAで2018年に公開されていた検索ワードランキング上位8位を紹介します。

FANZAの検索ワードランキング(2018年)
  • 1位:熟女
  • 2位:巨乳
  • 3位:痴漢
  • 4位:人妻
  • 5位:中出し
  • 6位:ギャル
  • 7位:爆乳
  • 8位:アナル

引用:FANZA性に関する統計調査より

これらに共通しているのは、いずれも非日常的ということです。

日常生活では、まず体験できないものを、AVや二次作品に求めていることがわかります。

これはフェチも同じで、変態な人ほどマニアックなフェチがあります。

上記のランキングを見る限り、まともなフェチはありませんからね…。

女性に比べると、男性のフェチは性癖に起因するものが多いため、変態なフェチが多いことも理解できます。

フェチを感じる瞬間は?

フェチを感じる瞬間は人それぞれであり、好きなフェチにもよります。

例えば、腕や脚フェチの人は、視覚で入ってきた情報からフェチを感じます。

具体例を挙げると、以下のとおりです。

腕や脚にフェチを感じる瞬間
  • 色白い腕を見た
  • 手に血管が浮き出ているのを見た
  • スラっとしている脚を見た
  • タイツを履いている脚を見た

実際に見た場合や、画像で見た場合が挙げられます。

しかし、性癖に関するフェチは、行為からフェチを感じることが多いです。

熟女や人妻が好きな人を例に挙げると、見ただけではそこまでフェチを感じません。

ただ、熟女や人妻とセックスをしたときに、女を見せてきたり性欲が強かったりすると、フェチを感じます。

また、ほかのフェチと合わせて、興奮する人も少なくありません。

お尻フェチの場合だと、熟女×お尻フェチのようなイメージです。

そのため、性癖に起因するフェチは、ほかのフェチと組み合わせたときに、感じやすいといえるでしょう。

まとめ【フェチの種類はさまざま】

フェチにはさまざまな種類があり、性格や好みが影響することが多いです。

部位が好きな人もいれば、声やしぐさなどが好きな人もいます。

また、性癖で言うなら、人妻やパイパンなどのマニアックなことが好きな人もいます。

正直、フェチは人によって異なりますし、変わったフェチがあるからと言って気にする必要はありません。

むしろ、あなた以上にエグいフェチの人もいるかもしれませんからね。

人に言わない限りは、自分しか知らないことなので、変わったフェチがあっても気にしないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA