出会い系サイト・パパ活アプリの用語・隠語集【ホ別・苺・神待ち・P活etc…】

出会い系の専門用語・隠語

出会い系アプリを利用していると、聞いたことも見たこともないような、隠語を目にすることがあります。

隠語を把握しておかないと、トラブルにあう可能性もゼロではないので、それぞれ把握しておきましょう!

 

「出会い系アプリの隠語を知りたい!」

「出会い系アプリにある隠語はどのくらいある?」

 

これから出会い系アプリを利用しようと思っている人のために、アプリで使われることが多い隠語を紹介します!

ア行からワ行まで順番に紹介するので、出会い系アプリにある隠語の意味を知りたい人は必見です!

人気の出会い系アプリ


PCMAX
PCMAXアイコン
累計登録者数1400万人を超える人気は右肩上がりの出会いアプリ。無料ポイントもありお得に使える出会い系アプリ。アダルト掲示板で大人な出会いもあり!
>>>無料でPCMAXに登録(R18)


ハッピーメール
ハッピーメールアイコン
PCMAXと同じく人気の出会い系アプリ。累計登録者数は2000万人を超える国内トップクラスの出会いアプリ。無料ポイントは最大1200円分。
>>>ハッピーメール公式はコチラ(R18)


ワクワクメール
ワクワクメールアイコン
PCMAXやハッピーメールとはちょっとコンセプトが変わっていて大人の関係目的で使う方がかなり多い出会いアプリ。
>>>ワクワクメールに無料登録(R18)

 

結構隠語が多いから、利用する前に把握しておくと利用もスムーズよ♪

出会い系アプリの隠語一覧!

出会い系の専門用語・隠語

出会い系アプリを利用するなら、隠語について把握しておきましょう。

今回は、ア行からワ行まで紹介しますが、出会い系アプリで使われることが多いものを網羅しました!

 

そのため、以下の人はしっかり把握してくださいね♪

 

隠語を把握するべき人
  • 出会い系アプリで業者に出会いたくない人
  • アプリで出会いたい人
  • 割り切り・援助と出会いたくない人

 

隠語を把握しておくと、割り切りなどのトラブルを回避できます。

素人の女性と出会う意味でも、それぞれ把握しましょう。

あ行の隠語一覧!

ア行の隠語ですが、以下が挙げられます。
(それぞれ意味を解説しますね♪)

 

ア行の隠語一覧
  • イチゴ・苺
    →援助交際などで使われる隠語。イチゴ=1.5万円の意味。価格交渉をする際によく使われる。
    (例:イチゴでどう?、苺くらいだと助かる)
  • お米
    →お金のことを指す。出会い系アプリのプロフィールで、「お米ほしいです」と言っている人がいたら割り切り確定。
  • 円・えん
    →援助・割り切りの意味。自己紹介文に、「円ぼ・えん」などの記載があれば、割り切り濃厚。(最近では出会い系アプリの規制対象になりつつある)
  • 売り
    →割り切り・援助と意味は変わらない。体を売るという意味から”売り”という言葉に発展。男女ともに使うが、最近では男性が体を売ることを売りと呼ぶことが多い。
  • NS
    →ノースキン。コンドームなしでセックスをすること。割り切りのの交渉などで使われることが多い。
    (例:ゴ有:イチゴ、NS:さんなど)
  • 大人の付き合い
    →出会い系アプリによくある文言。大人の付き合い=割り切り、セフレ関係と勘違いする人が多いが、実は援助のこと。

 

いずれも、援助・割り切りに関する隠語でした!

援助系は、出会い系アプリで交渉が禁止されているため、頻繁に隠語が使われている印象です。

 

この辺注意しながら、アプリを利用していきたいわ!

か行の隠語一覧!

カ行の隠語は、以下のとおりです。

 

カ行の隠語一覧
  • カキタレ
    →芸能人のセフレのことを指す。基本的には男性芸能人のセフレのことをカキタレと呼ぶ。自己紹介文に記載している人は、業者の可能性が高い。
    (例:○○さんのカキタレでした)
  • 神待ち
    →援助、割り切りの意味。しかし、エッチ目的ではない可能性がある。2001年ほどから流行した言葉で、”神=パトロン”をさし、ご飯をおごってくれる人、泊めてくれる人を指す。
    (例:神待ちしてます)
  • キープ
    →手頃にヤれそうな人を複数人作っておく状態。誰かをキープしておくことで、新しくセフレを作る必要がなくなる。
  • 逆円・逆
    →女性が男性にお金を払って援助をする意味。本来は、女性が買われる側だが、逆円は男性が買われる側。ゲイの売り専などでも使われることもある。
    ※出会い系アプリの掲示板募集ではニューハーフが多い
  • キャッシュバッカー
    →出会い系アプリにいるキャッシュバック制度目的で利用している人のこと。有名どころだと”PCMAX・ハッピーメール”などにいる。
  • 業者
    →出会い系アプリにいる業者のこと。種類はさまざまなので、詳しくは後述。
  • ゴ有
    →ゴム有りセックスのこと。援助の交渉などで使われることが多く、前述したNSと合わせて交渉される。
    (例:ゴ有で+1万など)

 

こちらも、援助系や業者系の隠語が多かったですね!

ちなみに、出会い系アプリには以下の業者が存在します。

 

出会い系アプリにいる業者
  • 勧誘業者
    →宗教、ビジネス、副業系の勧誘目的で登録
  • 誘導業者
    →ラインなどに移行後、チャットレディなどのリンクに移動させる
  • キャッシュバッカー
  • 割り切り・援助

 

特に多いのは、勧誘系の業者ですね!

最近では、投資系の勧誘業者が増えたイメージです。

さ行の隠語一覧!

サ行の隠語は、以下のとおりです。

 

サ行の隠語一覧
  • サクラ
    →運営が雇っている業者のこと。優良の出会い系アプリにはサクラはいない。最近ではサクラと業者を勘違いしている人が多く、間違って使われていることがほとんど。
  • サポ・サポ希望
    →援助・割り切りの意味。サポートなどからきているが、最近ではP活をすることもサポと呼ぶ。
    (例:サポ希望、サポしてくださいなど)
  • 支援
    →援助・割り切りの意味。金銭的支援を求めている人が多いため、エッチ目的ではない可能性も。P活などで使われることが多い。
  • JK
    →女子高生の略称。基本的に出会い系アプリには、JKが登録できないようになっている。ただし、知り合いのアカウントなどを使ってJKが援助目的で利用していることも少なくない。
  • 地雷
    →自分のタイプではない人と出会ったときに使う言葉。一般的には、写真詐欺・デブスなどに使うことが多い。
    (例:昨日会った女が地雷だった)
  • 新規
    →初めて会う女性のことを指す。Twitterなどで出会った報告をする人がよく使っているイメージ。新規アポや、新規さんなどと使うことがほとんど。
  • 即・即アポ・即ハメ
    →出会って速攻セックスをした意味。即アポは、出会い系アプリでその日にアポが取れたことを指す。最近では、まとめて即と呼ばれることも多い。

 

どの隠語も、基本的には業者がらみ、割り切りがらみが多い印象です。

た行の隠語一覧!

タ行の隠語は、以下のとおりです。

 

タ行の隠語一覧
  • タダマン
    →お金を払わずに素人の女性とセックスをすること。割り切りと対称で使われることが多い。出会い系アプリの最終的なゴールは、タダマン。
  • 助けてください
    →自己紹介文などに書かれることが多い援助目的の隠語。「助けてください」「助けを求めています」などと書かれている場合は、基本的に金銭的支援目的。ストレートな人は、「お金に困っています、助けてください」と書くことも。
  • 直メ
    →出会い系アプリではなく、直接やり取りをすること。自己紹介文に、「直メOK」と書かれていれば、仲良くなればLINE交換などが可能。ただ、相手が勧誘・誘導業者の可能性もあるので要注意。
  • DK
    →ディープキスの略称。援助・割り切りのオプションなどで説明があるケースが多い。
    (例:DK+5,000円など)

 

出会い系アプリでは、基本的にタダマン目的で利用します!

割り切りなどと出会うくらいなら、タダマンできる人を探して、セックスをするとよいでしょう。

な行の隠語一覧!

ナ行の隠語一覧は、以下のとおりです。

 

ナ行の隠語一覧
  • 中・生中
    →中出しのこと。援助などで使われることが多く、交渉時に条件として付与されることが多い。生中も同様。
    (例:中+20,000円、生中+30,000円など)
  • 荷・2
    →割り切りで使われることが多い金額交渉。荷=20,000円のこと。イチゴ・苺と意味は変わらない。最近では+2などと表記されることも。
    (例:ホ別で荷、+2でお願いしますなど)
  • ノースキン
    →生でセックスをすること。NSなどとも呼ぶ。もともとは風俗で使われていた用語で、最近では出会い系アプリでも使われ始めている。

 

中出し系の隠語は、それぞれ多く存在します。

割り切りなどでよく使われるイメージなので、それぞれ把握しておきましょう!

ちなみに、NSやノースキンなどのワードを見たら、援デリ業者の可能性があるので注意しましょう。
(援デリ業者:風俗の営業をしてくる業者のこと)

は行の隠語一覧!

ハ行の隠語は、以下のとおりです。

 

ハ行の隠語一覧
  • ハメ
    →セックスのこと。基本的には”即ハメ、ハメ撮り”などで使われることが多い。Twitterの出会った報告で、「この間ハメた女性が~」と書かれている場合は、セックスをしたという意味。
    (例:生ハメ気持ちよかったなど)
  • ピンチ
    →金銭目的の女性が自己紹介文に記載することが多い。金銭的にピンチなことを指し、割り切り・援助を求めてくる。最近では、P活をしている子も使っており、体目的ではない可能性も高い。
  • P活、パパ活、P募集、P募
    →パパ活のこと。援助目的よりも体の関係を持たないような、支援だけの関係が増えてきたイメージ。金銭交渉をして、問題なければ支援するような形。セックスをするパターンもあるが、高額になるケースが多い。
  • ファーストメッセージ
    →出会い系アプリで最初に送るメッセージのこと。第一印象は、基本的にファーストメッセージで決まる。ファーストメッセージで返信がないと、基本的にあきらめるべき。
  • 笛・笛有
    →フェラチオのこと。後述するプチ援、プチなどと合わせて使われることが多いが、割り切り・援助の交渉の時に主に使われる。自己紹介文に「笛のみなら」と書かれている場合は、挿入はできない。
    (例:笛のみ、笛有で5,000円など)
  • プチ
    →援助・割り切りの軽いバージョン。”プチ援助・プチ援”とも呼ばれており、通常の援助よりも交渉が安いことが特徴。しかし、基本的に挿入はなしで、オーラルセックスで済ませることが多い。
  • ホ別
    →ホテル代は別という意味。割り切り・援助で使われており、交渉の際によく使われる。この場合、20,000円で交渉が成立しても、ホテル代は別途支払う必要がある。
    (例:ホ別でイチゴ、ホ別でお願いしますなど)
  • 本番
    →挿入ありのセックスのこと。出会い系アプリでは、”本・本あり”などと記載されることもある。もともとは風俗で使われていたもので、最近では出会い系アプリでも見る。
    (例:本番あり、本番OKなど)

 

援助系のワードを把握しておけば、交渉されても対応できますね!

ま行の隠語一覧!

マ行の隠語は、以下のとおりです。

 

マ行の隠語一覧
  • 待ち
    →神待ちと同様の隠語。誘いを待っているという意味でも使われるが、基本的には割り切り・援助目的。待ちを募集している女性にアポを取ると出会えはする。ただ、金銭交渉をしてくる可能性が高い。
  • メルレ
    →メールレディの略称。前述したキャッシュバッカーと同じで、メールをすることでポイントを稼いでいる人のことを指す。優良出会い系アプリは、基本的にキャッシュバック率が低いため、別のサイトでおこなっている人が多い。
  • メンテナンス
    →定期的に関係を改めることを指す。セフレ関係が面倒になってきた場合に、一度リセットしてメンテナンスをするところからきている。出会い系アプリで使うことが多いが、やり取りなどで使うことはほとんどない。

 

メルレに関しては、ハッピーメールやPCMAXにいるイメージです。

Twitterで検索すると、以下のように出てきます。

 

 

この女性は、ハッピーメールでメールレディとして活動していることがわかります。

出会ったところで意味がないので、最初からやり取りしないほうが吉です。
(やり取りをしてもポイントが搾取されるだけ)

や行の隠語一覧!

ヤ行の隠語一覧は、以下のとおりです。

 

ヤ行の隠語一覧
  • ヤリ目
    →セックス目的で利用している人のこと。自己紹介文で、どちらも使う人が多い。「ヤリ目NG」「ヤリ目で利用しています」など。しかし、女性のほうからヤリ目を公言している人は、基本的に業者なのでやり取りしないほうが吉。
  • ヤリ逃げ
    →セックスをしてそのまま逃げることを指す。セフレ関係でも、ある程度セックスをして、理由なく関係を切ってバックレたら、ヤリ逃げと思われてしまうことも多い。また、ワンナイトでも女性からすればヤリ逃げになるとのこと。
  • 諭吉
    →1万円のこと。割り切り・援助目的で金銭交渉で使われることが多い。最近ではイチゴなどよりも諭吉や1人・2人などと交渉する人が増えている印象。諭吉で交渉したほうが、わかりやすいのも理由の一つ。

 

基本的に、出会い系アプリを利用している人は、ヤリ目がほとんど。

ただ、女性でヤリ目を公言している場合は、勧誘系の業者の可能性が高いので、相手にしないほうが吉です!

 

金銭交渉をする際は、人によって異なりますが、新宿系の若い子だとイチゴよりも「諭吉が欲しいです」などで交渉をすることが多いです。

ら行の隠語一覧!

ラ行の隠語は、以下のとおりです。

 

ら行の隠語一覧
  • 乱交・乱パ
    →乱交を募集している人のことを指す。経験上、乱交を募集している人は業者の可能性が高い。乱パは”乱交パーティ”の略称。いずれも、業者率が高いので、あまり相手にしないほうが吉。
  • レ願
    →レイプ願望がある人のことを指す。ドMな女性を探すときに、たまに自己紹介文に”レ願”と書かれていると、レイププレイをされたい人だと判断できる。ただ、このような女性も乱交同様に、業者の可能性が高いので、相手にしないほうが吉。
  • 露出・路上
    →路上露出をしたい人の隠語。露出プレイが好きな女性は案外多く、いろいろな場所で露出をしてくれる。自己紹介文に”露出・路上”の二つが書かれている場合は、路上露出をしたい女性を指す。

 

どの隠語も、すこしマニアックなものばかりですね……笑

ただ、乱交系やレイプ系の隠語を使っている人は、割り切りか援デリ業者の可能性が高いので注意しましょう!

 

また、露出系の人も、状況次第では業者の可能性が高いです。

勧誘目的で利用している人もいれば、エッチな誘いをする目的で、アプリを利用しています。

 

基本的に、アダルトなことを自己紹介文に書いている人は業者だから要注意よ!

わ行の隠語一覧!

ワ行の隠語一覧は、以下のとおりです。

 

ワ行の隠語一覧
  • わかる人だけ
    →援助などで使われることが多いワード。「意味がわかる人だけ」「わかる人だけ」などと使われて、基本的には割り切りのことを指す。また、人によっては体の関係をともなわないケースも珍しくなく、金銭目的だけで交渉してくるパターンも多い。
  • 割り切り・割り切った関係
    →援助目的のこと。よく”割り切り=セフレ目的・ワンナイト目的”と思う人が多いが、基本的には援助目的のこと。割り切り目的で利用している人は、セックス前提で交渉をしてくる。
    (経験上お金なしにセックスはできない)

 

割り切りは、基本的にお金がないと動かないイメージです。

出会い系アプリで交渉ができないので、数通でLINE交換をして交渉をしていきます。

交渉をする際は、「ホ別でイチゴ、諭吉×2」などで交渉を進めていき、問題がなければ交渉が成立するイメージです。

 

しかし、タダマンできる可能性があるのに、割り切り交渉に応じるのはもったいなさすぎます……。

そのため、できる限り交渉に応じず、タダマンできる女性を選びましょう!

まとめ:出会い系の隠語を覚えることで危険回避や効率的な出会いが作れる

出会い系アプリで使うことが多い隠語について解説しましたが、いずれも把握しておいて損はありません。

私も、出会い系アプリを利用していくなかで、さまざまな隠語を把握してきました。

 

特に、金銭交渉をともなうことが多い、割り切り・援助目的の人が使う隠語は、謎の言葉が多く注意したいところ。

交渉をする際に、今回紹介した隠語を使ってきたら、そのままスルーしましょう!

出会い系で隠語を使ってくる相手

 

ちなみに、勧誘業者からメッセージが来ると、このようにリンクに誘導されます。

リンクを踏むと、乗っ取りにあう可能性もあるため注意しましょう!

業者を見分けながら会うのが、一番の方法ね!

人気の出会い系アプリ


PCMAX
PCMAXアイコン
累計登録者数1400万人を超える人気は右肩上がりの出会いアプリ。無料ポイントもありお得に使える出会い系アプリ。アダルト掲示板で大人な出会いもあり!
>>>無料でPCMAXに登録(R18)


ハッピーメール
ハッピーメールアイコン
PCMAXと同じく人気の出会い系アプリ。累計登録者数は2000万人を超える国内トップクラスの出会いアプリ。無料ポイントは最大1200円分。
>>>ハッピーメール公式はコチラ(R18)


ワクワクメール
ワクワクメールアイコン
PCMAXやハッピーメールとはちょっとコンセプトが変わっていて大人の関係目的で使う方がかなり多い出会いアプリ。
>>>ワクワクメールに無料登録(R18)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA