不倫はもうやめたい!既婚者の彼を断ち切った私がとった3つの行動!

不倫やめたいのアイキャッチ

実は私は不倫をしていました。実際に回りの話しや体験談をみてみると不倫に悩んでいる人って実は多いのではないでしょうか?本記事では不倫に悩む方へ私が不倫をやめるためにとった行動を紹介します。

みず

今回のライターさんだよ
・25歳独身
・職業:看護師
・同じ職場のドクターと1年くらい不倫
・過去に不倫相手に翻弄されたが、現在ではマッチングアプリで彼氏をゲットし過去のネタにしている

不倫ってダメをわかっていながらも相手が好きだからついつい続けてしまう。不倫って相手に依存していて、さらに変化が起きにくい状態。不倫相手に恋をしているので新しい恋も生まれない。

周りにも隠さなきゃいけないし、こんなことを言えるのは数少ない友達だけ。

冷静に考えると『不倫相手の奥さん』『子供』『自分の親』。不倫なんて誰も幸せになることなんてありません。

でもなかなかやめることなんてできないんですよね。

でも・・・・

正直やめたくありませんか?

実際に私が不倫をやめるためにしてきた行動。全ての方法を書き記していきたいと思います。

不倫の悩みって正直相談しにくいですよね。今流行りの電話占いなら不倫相手との将来を占いつつ、悩みを解決してくれます。

\ツライ悩みを相談する/

私が不倫をしてしまった理由とやめるために確認したこと

私は当時病院で看護師をしていました。今では違う病院に勤務していますが、当時は同じ病院に勤務するドクターと不倫していました。

なんかAVとかやっすいドラマに出てくる展開ですが事実です。ちなみにAVみたくナースはナースキャップなんて被らないし、病院にもよりますがスカートのナース服でもありません。

私が不倫相手になってしまった理由

私は当時23歳の看護師。大卒からの看護師なので新人の頃よりも仕事は慣れてきました。

でも夜勤もあるので不規則でストレスはたまる。女性の多い職場なので院内か合コンとか相席居酒屋くらいしか出会いはありませんでした。

ストレスがたまると私はかなり酒を飲んでしまうので記憶は飛ばないけど、いろいろやらかしてしまうことも多々。

そこで院内の飲み会で意気投合して仲良くなったのがその不倫ドクター。

1次会、2次会で意気投合して二人で三次会。いや・・・・

まぁ酔っ払って当日にホテル行きましたよね。

肉体関係を持つまでは結構ありがちなパターンだし、お決まりの展開しかないのであしからず。

今思えば結構ひどいことされてた

同じ勤務先なので俗にいう社内不倫みたいなもの。一度体の関係を持ってしまうと好きになってしまいました。認知的不協和の解消ってやつですかね。

時間の空いている時に病院の空いている部屋でセックスしちゃったり、普通に中出しされたり。普通に考えて妻子持ちのやつが中出ししてくるとかヤバイですよね(語彙力)

さすがに子供ができたらヤバイのでピルは飲んでしました。仕事が不規則なので決められた時間にピル飲むの大変なんですよ?笑

私はメンタル強めですがこんなふうに傷つく人もいることを知れクソドクター

1年くらい関係が続いてさすがにヤバイと思った

当時は23〜24歳の間。みんな仕事も慣れてきて私生活を充実させている年齢じゃないですか?その頃って・・・

本当だったらちゃんと彼氏つくって26歳くらいでプロポーズされて、27歳で結婚式挙げて。30歳までの子供作って幸せな家庭生活を・・・・

え?それどこいった?私今なにやってる?

このままじゃ確実に彼氏できないし、離婚させて私が不倫ドクターを結婚できるわけないし。時間の浪費だ!そう思って下記のことを冷静になって再確認しました。

 

・不倫の苦しさ
・不倫をこのまま続けることのリスク
・不倫をやめる方法の全行程

 

不倫相手を続けることで待ち受けるつらさ苦しみ

このまま不倫を続けていてはやばいと思い自分が今まで受けてきた仕打ち、つらさを再度考えてみました。

まわりに相談することができない苦しみ

不倫しているのなんて誰にも言うことはできません。普通だったらなんか不満があれば『うちの彼氏がさぁー』とか愚痴の一つや二つも友達や親に言うことだってできます。

でも不倫しているなんて友達に言ったものなら『え?マジで?今すぐやめた方がいいよ』って言われるに違いありません。

親にバレようものなら発狂しますね。殴られます。

好き相手と結婚することができない

普通なら20代前半だったら結婚に恋い焦がれて、2年くらい付き合ったら今の彼氏を結婚してぇ〜なんて未来を想像しながら付き合うじゃないですか?

不倫はそれすら許されません。未来がないのです。

もしかしたら『不倫ドクターが今の奥さんと離婚して・・・』なんて最初は考えていました。まぁそんな気配はないですよね。

不倫相手とはデートも普通にできない

不倫はバレるわけにはいかないので普通のデートは絶対にできません。相手は院内セックスしてしまうようなアホですがさすがドクターなので奥さんにバレないための努力は惜しみません。

恋人たちがするような普通の映画館デートはできないし。相手のお家デートもできません。約束していても子供や奥さんを理由に平気でドタキャンしてきやがります。

デートと言えば熱海の温泉デート・・・

普通の恋人同士なら喜びますがただ不倫をばれないようにするための策ですからね。ちなみに相手は『学会』と嘘を付いています。

不倫は我慢することが多い

私のことを好きとは言ってくれますがやはり我慢することが多いです。先程も言いましたが、奥さんや子供を理由に平気でドタキャンしてきます。なんだかんだ言って大切なのは『家庭』です。

時には嫉妬や罪悪感で押しつぶされそうに

不倫って相手に奥さんがいるのはわかっちゃいるけど、やっぱり自分の好きな人に好きな人がいるのって嫉妬してしまいます。

口では『嫁は別に好きじゃない。大切なのはお前だけ』とか言ってくれますが、普通に嫁とセックスしてるだろぉぉぉ!

嫉妬です。嫉妬。

そんな重い思いは相手の家庭をぶち壊してやる!とかたまに思ったりもしましたがふと我に返る。

そしていつ捨てられるかもという不安

当時は関係を保っていましたが、相手は妻も子供います。相手は余裕ですね。なぜか余裕のある男はモテます。

余裕ってこのことだったのか?と再認識しましたが。

逆に余裕のない私は『いつ捨てられるかわからない』という不安と戦っていました。

捨てられても正直なにも残らない。

不倫相手を今すぐやめるべきリスクを考える

つらさや苦しみだけじゃ不倫をやめるには理由が足りないので徹底的にリスクを考えました。しこのリスクを徹底的に考えることで不倫を続ける理由をなくすのです。

慰謝料を請求されるリスク

やはり不倫相手をしていることでの最大のリスクは慰謝料です。相手の夫婦関係や落ち度にもよりますが200万とか請求されると思います。

1万円とか2万円とかスピード違反で支払うレベルとは段違いです。

また、慰謝料請求にも時効があります。でもその時効は3年。

『不倫をやめて3年も怯えなきゃいけないの?』

相手の奥さんが実は不倫を知っていて、写真などの証拠も全て揃っていている。私に彼氏ができて『さぁ幸せな結婚だ!』って思った時に。

不倫相手の嫁:『私は知っていたぞーーーー』

と仕返しされたら人生終わります。

あと普通に私浪費家なので200万とか払えないです。

院内(社内)不倫なのでバレたらやめざるをえない

不倫なんて病院にバレたものならどちらかが失脚しますね。もしくは両方。結果私が病院をさりましたが(後述します)バレたら無職です。

看護師なので就職に困るとはないですが

『以前の職場はなんでやめたのですか?』

『はい。あるあるですがドクターと不倫してクビになりました』

なんて酒の肴にすらなりません。やっすいAVにすらなりません。DMMでセール行きです。

性病や妊娠のリスク

もちろん女子な私としてはこれも怖い。ピルを飲んでいたとしても100%きちんとした用法で飲めていたかと言えば怪しので(仕事バタバタするときも多々あり)

さらにピルにももちろん副作用はあり、確率は少ないですが血栓のリスクファクターにもなりかねません(ちょっと医療っぽくこと言ってみました)

また、不倫相手の貞操観念なんてクソなので今考えれば他にも女が板に違いありません。いや絶対に居たはずだ!

金も持っているから風俗やキャバクラにも行きまくっていたに違いありません。

そんな不特定多数の人とやりまくるやつは性病リスクの塊です。歩くコンジロームの塊カリフラワーです。

性病のリスクは女性としても怖い。

未来の無い関係は時間の無駄

このまま不倫関係を続けていてもおそらく未来はないでしょう。そんな未来のない関係はただの時間の無駄。

『将来結婚しようね。ずっと一緒だよ』って青春真っ只中の中学生約束くらい無駄です。

そんな関係はおさらばしなければなりません。

人間関係が破壊されるリスク

周りの友人に話したところで『そんなのやめなよ』基本的にこの言葉しかでてきません。

ドン引き友達もいるし、実際友人を1人失いました。

また家族にバレようものなら二度と実家の敷居はまたげないでしょう。

母は許して看護師なので許してくれそうですが(ないか・・・)父は学校の教員なので修羅場になるに違いありません。

あなたの友人環境家庭環境にもよりますがプラスになることは何一つないでしょう。

不倫をやめるためにとった私の行動全手順!

今まで私が説明した『不倫のリスク』『今まで受けてきた不倫の苦しみ』を当時は100回くらいググりました。

そして何がなんでも断ち切らないと!と思い忘れるため次のことを実行しました。

全ての連絡手段を断つ

幸い同じ病院内ですが棟が異なっていたので頻繁に会うことはありませんでした。そこで電話番号、LINEなど彼との連絡手段をすべて断ち切りました。

最初は既読無視とかでしたがやはり連絡がきてしまうと返してしまうものです。『それではダメだ!』と思い心を鬼にしてLINEをブロック削除しました。

職場をやめる

同じ病院ですので忘年会など大規模な飲み会などがあるとやはり会うこともあります。顔を見るとやはりあちらは声を掛けてきますのでそれも避けなくてはなりません。

先に転職先を探した上で計画的に病院を去りました。

看護師という職業上転職しやすいという理由もありました。でもだらだら関係を続けてしまっているのでしたら転職も視野に入れるべきです。

連絡を断つ+転職する

これであなたから会おうとしない限りはほぼ会うことはないでしょう。不倫をやめるにはその位の覚悟をきまましょう。

不倫相手を忘れるためにたくさん出会いをつくった

連絡手段を断っても、職場をやめても相手を忘れることはありません。そのために出会いをたくさん増やしました。考えつく限りありとあらゆる手段を試しました。

相席系の居酒屋やラウンジに行きまくった

運のいいことに相席系の居酒屋は女性は無料で食べのみできるのは知っていると思います。おそらく人生3回分くらい通ったと思います。

正直良質な出会いはありませんでしたが、たまに来るタイプの男性と楽しく飲むだけで気は紛れました。

ちなみに相席系の居酒屋は1人で行けるところもあります。

相席居酒屋やラウンジは1人で行ける?お一人様入店可能な店舗まとめ!

2019年3月27日

 

街コンや合コンにも参加した!

街コンや合コンにも参加しました。これは女性もお金はかかりますが友達と気軽に参加することができたので無理やり連れていきいろいろな人と交流をしました。

マッチングアプリも使った!

どうやら最近はマッチングアプリで恋人が作れると友人に勧められとりあえずアプリを使った出会いを試してみました。

さすがに今回は真剣な出会いを見つけたかったので片っ端からマッチングアプリを試しました。

結果、一番真面目な人が多かったのがOmiaiでした。

Omiaiで出会いを探す
恋をしよう

ペアーズやタップルも試しましたが真面目度的にOmiai>ペアーズ>タップルな感じ。

やはり不倫は無駄な時間でしかないと再認識した

いろいろな方法で忘れようとし最終的に不倫相手を忘れることができました。なんとなく続けていたらダラダラどんどん時間だけが過ぎて行ってしまいます。

いつかこの人と幸せになれるは『妄想』です。今思えばただの時間の無駄。つらいくるしいだけです。

不倫をしている時間を新しい出会いに使えば無限は言い過ぎですがたくさんの出会いを作ることができます。

やはり忘れるためには出会いをたくさん作ることが必要。付き合うまで行かなくともいろいろな人と出会いをつくることで『不倫相手クソだった』と思える日がくるでしょう。

\ツライ悩みを相談する/

今のアプリは微妙!そんな人は乗り換えるのにおすすめなマッチングアプリ4選

真剣な恋活はOmiaiが一番おすすめ

Omiaiはマッチングアプリの中でユーザ数が豊富にいてさらに真剣な恋活をしている方が多いアプリです。

友人にバレないシステムがアプリで一番充実していて安心して使えるので他のアプリが微妙だった人はOmiaを使ってみてはいかがでしょうか?

→Omiaiに無料で登録する

 

あのメンタリストDaigo監修のマッチングアプリwith

最近では東大生の弟も謎解きで有名なメンタリストDaigoが監修するマッチングアプリ。

こちらも真面目なユーザーが多く真剣に恋愛したい人向けです。
ただし、Omiaiよりも年齢層が若いので婚活というよりは恋人探しにおすすめ。

 

→withに無料登録する

 

ユーザー数重視はペアーズ

マッチングアプリで一番ユーザー数が多いのはペアーズです。
FB広告などにもよくでてくるので名前だけでも知っている人はおおいでしょう。

ユーザー数が多い分真剣度の高くないユーザーもいますがいろいろな人を見てみたい!という方はペアーズがおすすめです。

 

すぐに遊べる気軽な出会いはタップル誕生

タップル誕生はマッチングアプリの中では気軽に使えるサービス。

『おでかけ機能』当日や週末の遊び相手を見つけることができます。

上記の3つのアプリよりも気軽に使えるマッチングアプリです。

年齢層的に若い人が多いので20代前半の人におすすめです。


→タップル誕生に無料登録する(R18)

コメントをどうぞ

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。